近江八幡市 市長選挙 立候補

市長選挙が始まる近江八幡市

近江八幡市 市長選挙 庁舎建て替え

近江八幡 市長選挙 冨士谷英正

近江八幡市 市長選の活動

近江八幡 冨士谷英正の噂

近江八幡市 市長選 現職

近江八幡市 市長選挙 市役所 引っ越し

市政の一番の役割は市民の暮らしを守ること

署名を無視し巨大庁舎建設の前倒し強行は許されません。市民の税金と財源は市民の為に活用すべきです。待機児童解消、 学童保育所の充実など切実な要求が渦巻いています。
 実績冊子の全戸配布、市長案内役のテレビ放映など経費980万円を使った 事実上の選挙運動はやめて、税金は市民のために使うべきです。子育て支援、医療・介護の充実、健康

近江八幡市 市長選挙での市長の任期

近江八幡 市長選挙 市役所

増進施策、障害者や働けない人への福祉など市民の暮らしを守るのが市の第一の仕事です。

近江八幡市 市長選挙 投票

将来への種まきをすること

次に大事なのが市内に雇用を創出して、若者の職場を確保していくことです。市内の企業を応援すること、観光を産業として 育てていくこと、農業・畜産業を基盤として位置づけます。

近江八幡市 市長選挙 投票日

滋賀 近江八幡市 市長選挙 開票

近江八幡市長選挙 市役所移転を計画の冨士谷英正

公平公正な市政をつくること

近江八幡市 市長選で冨士谷英正が3選出馬

広報「馳走」欄の私物化で市政が歪んでいます。昨年7月28日の住民投票の実施を求める臨時市議会中に、「条例案否決」したとする自身執筆に よる広報を配布して、議会をも自分の意のままになることを見せつけた市長。本来市政は公平公正なものです。議会も職員も自由闊達に意見が発信 来出る風通しの良い環境こそがその保障になります。市長に批判的

近江八幡 市長選挙 現職冨士谷英正

近江八幡 市長選挙 任期満了

な意見に対し、怒鳴りつけたり、抑圧するようでは市政が歪みます。

近江八幡市 市長選 出馬表明

50年後・100年後を見据えたら小さな庁舎

近江八幡市長選挙の市長の任期

IT化が進む中で、市役所などへは行かなくても家で、職場で、通勤途上で、近くのコミセンで市に関する普通の用事は済ますことが出来るという のが将来の姿です。職場は現場で市民に対応するということがより求められます。100年後を見据えたならば庁舎は小さいもので十分です。

近江八幡市長選 投票 冨士谷英正

近江八幡市長選 選挙運動

近江八幡 市長選挙 冨士谷英正 噂

「冨士谷もうええわ」の声いっぱい

閉塞(へいそく)という言葉がぴったりの3期12年の冨士谷市政。施策の内容も行政姿勢も市民の願いとはかけ離れていることは多くの市民の声に 表れています。福祉教育を犠牲にして庁舎建設などの大型不動産行政を進める市長に、怒りの声が上がっています。

近江八幡市長選 冨士谷英正 選挙運動

近江八幡 市長選挙 投票区

近江八幡市長選挙 選挙管理委員会

近江八幡 市長選での選挙運動を開始する冨士谷英正

近江八幡市 市長選挙は平成30年4月15日

近江八幡市 市長選挙 宣伝

近江八幡市市長選挙で対抗する出馬候補